top of page
検索

健康な睡眠!魚の栄養素がもたらす快眠効果!




こんにちは。

Sleep 360スタッフです。


夏が近づいているのか、暑い日が続いていますね。

そうなると、暖かい食べ物から冷たい食べ物に変える人も多いのでは無いでしょうか?

そんな、季節の変わり目な時期に睡眠や栄養を助けるオススメな食べ物であるを今回はお伝えします。


魚と睡眠の関係



魚には豊富な栄養素が含まれており、これらが睡眠をサポートし、深い休息をもたらすのに役立ちます。

その主な栄養素として、タンパク質、必須脂肪酸、ビタミンD、ビタミンB6、マグネシウムなどが挙げられます。


タンパク質:魚は高品質なタンパク質の源であり、夕食にタンパク質を摂取することで睡眠中の筋肉の修復と再生を促進します。


必須脂肪酸:魚には、EPA(イコサペンタエン酸)※とDHA(ドコサヘキサエン酸)※といったオメガ-3系の必須脂肪酸※が豊富に含まれています。これらの脂肪酸は、脳機能をサポートし、ストレスホルモンのレベルを調節することで、より良い睡眠を促進するとされています。


ビタミンD:魚に含まれるビタミンDは、睡眠ホルモンのメラトニン※の生成を促進し、体内時計を調節するとされています。


ビタミンB6:ビタミンB6はセロトニンの生成に必要な栄養素であり、セロトニンはリラックス感を高め、睡眠を調整するのに役立ちます。


マグネシウム:魚に含まれるマグネシウムは、ストレスホルモンを抑制し、神経系をリラックスさせるのに役立ちます。また、マグネシウムはメラトニンの生成を促進し、良質な睡眠をサポートします。


魚を摂取することで、これらの栄養素が取れ、睡眠の質を向上させ、健康的な睡眠習慣を維持することができます。


※EPA:主に青魚の油に多く含まれる体内でほとんど作ることができない「必須脂肪酸」の一種です。

※DHA:体に必須な栄養素であり、脂質を構成するモトになるものです。

※必須脂肪酸:体内では作ることができないため、食事から摂取する必要があるものを必須脂肪酸といいます。

※メラトニン:睡眠や覚醒のリズムを調節するホルモン



魚の種類別の栄養と睡眠効果



魚には種類によって摂取できる栄養素や睡眠に与える効果が異なります。


サーモン:豊富なオメガ-3脂肪酸やビタミンDが含まれています。これらの栄養素は、睡眠を調節するメラトニンの生成を促進し、睡眠サイクルを調整します。また、サーモンに含まれるタンパク質は、筋肉の修復を支援し、深い休息を促進します。


マグロ:オメガ-3脂肪酸の豊富な源です。神経系の機能をサポートし、リラックス効果をもたらすセロトニンの生成を促進します。さらに、マグロに含まれるタンパク質は、筋肉の修復や成長を促進し、良質な睡眠をサポートします。


サバ:ビタミンB6やオメガ-3脂肪酸が豊富な魚の一つです。リラックス感を高め、ストレスを軽減します。また、脳機能をサポートし、睡眠サイクルを正常化するのに役立ちます。


鯛:高品質のタンパク質とビタミンDが豊富に含まれています。これらの栄養素は、メラトニンの生成を促進し、睡眠の質を改善します。また、鯛に含まれるマグネシウムは筋肉をリラックスさせ、緊張を和らげるのに役立ちます。


カツオ:オメガ-3脂肪酸を豊富に含んでいます。これらの脂肪酸は脳機能をサポートし、睡眠サイクルを調整するのに役立ちます。また、カツオに含まれるタンパク質は筋肉の修復を促進し、深い休息をもたらします。


これらの魚は、それぞれ異なる栄養素を提供し、睡眠の質を向上させるのに役立ちます。バランスの取れた食事にこれらの魚を含めることで、より健康的な睡眠習慣を築くことができます。



魚を食べる際の適切な方法



魚を食べるタイミングや調理方法については以下のようなポイントがあります。


食べるタイミング:夕食時に魚を食べると、消化が良く、身体に必要な栄養素を吸収しやすいとされています。また、夜間にタンパク質を摂取することで、筋肉の修復や成長が促進され、睡眠の質が向上します。


調理方法:魚を調理する際は、揚げ物よりも蒸す、焼くなどの方法を選ぶことをお勧めします。これにより、余分な脂肪やカロリーを減らし、より健康的な食事を摂ることができます。


また、摂取する量やタイミングは、個々の体調やニーズに応じて調整する必要があります。例えば、アレルギーや特定の健康状態がある場合は、摂取量や摂取タイミングを医師や栄養士と相談して調整することが重要です。以上のことを考慮しながら、バランスの取れた食事プランを作成し、適切な量の魚を摂取しましょう。



魚を摂取するの健康上の利点



魚を摂取することは健康に対するさまざまな利点があります。


豊富なオメガ-3脂肪酸が含まれており、心臓の健康を促進する効果があり、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の低下や、血液凝固の防止などの心血管系のリスクを軽減します。

また、脳機能や神経系の健康をサポートする栄養素が豊富に含まれており、脳細胞の構造と機能をサポートし、認知機能や記憶力を向上させることが示されています。

魚を摂取することで、認知症やアルツハイマー病などの脳の疾患のリスクを軽減することが期待されています。


魚に含まれる栄養素は、成長期の子供や胎児の発達に重要です。特に、オメガ-3脂肪酸は脳と目の発達をサポートし、骨の強化にも役立ちます。

妊娠中や授乳中の女性は、魚を適切に摂取することで、胎児や乳児の健康をサポートできます。

これらの健康上の利点からも分かるように、魚はバランスの取れた食事の重要な要素であり、健康的な生活を送る上で欠かせない食品の一つです。



最後に



魚は健康的な食事に重要な要素であり、睡眠の質を向上させるためにも、食事に組み込むことは非常に大切です。

また、心血管系の健康、脳の健康、成長と発達など、魚の栄養素による影響は多岐にわたります。


バランスの取れた食事と適度な運動と合わせて、健康的な生活を送るために、魚を積極的に摂取することをお勧めします。


睡眠にお悩みのある方も、ぜひ積極的に魚を摂ってみていただければと思います。

もしも睡眠に関するお悩みがなかなか解消されない方は、当店ではドライヘッドスパとCBDを通して、より良い睡眠をとれるサポートをしておりますので、ぜひ一度ご予約いただきご相談いただければと思います。

ご予約はこちらから



<参考>


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page