top of page
検索

理想的な睡眠空間を作る為に考える3つのポイント

こんばんは、Sleep 360スタッフです。


秋から冬に移り変わるタイミングで、昼と夜の間の気温差が10度以上になることもあり、体調管理がとても大事な時期ですね。


また、年末に向けて忙しくなってくるこのタイミングで、体調を崩しては、もったいないと思っています。


そんな体調管理をするためにも、睡眠が重要になってくる頃だと思っています。


そんなときに、私自身どんな場所でも睡眠できるタイプなのですが、友人が最近旅行に行ったときに眠れなかった、という話をしていたことを思い出しました。


睡眠の大切さについては、スリープマガジンで多く書いているので、そちらを見ていただければと思います。



ここでは、


「どんな空間で睡眠すると良いか?」


について書いていきたいと思います。















■最高な睡眠空間を作るために

 良い眠りを取れる空間を考える前に、大事だと思うのは自分が好きな空間ということだと思います。


 家は、人との出会いと同じで一期一会だと思うので、理想の家を見つけられたら幸せだと思います。


 それ以外で、眠るのに良い空間にするかを考えたときに、思いついたのが、


「部屋の明るさ」


「部屋の方角」


「光の色」


でした。


【就寝前の明るさ】

















①真っ暗にする

→光による刺激がなく、ゆっくり眠れる。

②薄暗くする

→月明かりの下で眠るようなイメージで、一度目が覚めたときに歩きやすい。

③電気をつけたまま

→光による刺激で浅い睡眠となりやすい。


様々な状況があるので、これ空間が正解ということはないですが、空間を真っ暗にすることが、良い睡眠につながります。




【部屋の方角】


















①東

 ・起床時にカーテンを開けておくと自然と朝日を浴びれる。

 ・午後は太陽光が入らない。

②西

 ・夕方に太陽光が当たり、夕方に洗濯をすることができる。

 ・午前中は太陽光が入らない。

③南

 ・日中帯は平均的に明るい。

 ・他の方角より部屋の色褪せする。

④北

 ・高層ビルの場合、太陽光が入りづらく部屋の色褪せを他の方角より抑えられる。

 ・太陽光が入りづらく冬場の洗濯物が乾きづらい。


①〜④の組み合わせをすることで、その場所の立地にあった方角がある。


【照明の色】

















①昼白色(良くみられる電球の色)

→太陽光に近い色のため、光による刺激が強い。


②白色(昼白色より少し暗い色)

→月の色に近い色で、ナチュラルで自然の色合い。


③電球色

→朝日や夕日に近い色をして、落ち着いた雰囲気を演出できる。


睡眠前の時間帯では、照明を使うのであれば電球色を使って、落ち着いた時間が過ごせる空間を作ることが良い​​です。




■最後に

睡眠をとるのに理想的な空間を作れれば、日々の疲れを取ることに繋がり、日常生活の充実度が上がり、仕事でも高いパフォーマンスを出し続けることができると思います。


そんな、あなたにとって


「自分の睡眠をとるための理想な空間はどんな空間?」


ということを考え、理想な空間を作ってみてはいかがでしょうか。


当店の施術室は睡眠にちょうど良い空間を作っていますので、ぜひ一度ご来店いただき参考にしてみていただければと思います。


予約はこちらから


閲覧数:22回0件のコメント

Comments


bottom of page