top of page
検索

実はまだ誰も知らない!?睡眠の重要性について



こんにちは、Sleep 360スタッフです。


当店Sleep 360は良い睡眠を皆様にとっていただけるよう、ドライヘッドスパの施術や、CBD製品を取り揃えて販売しております。


そして、こちらのブログでもスリープマガジンと銘打って、睡眠に関する知識や、より快適に眠れるための情報を発信しています。


ところで、みなさん、睡眠が重要ということはご理解されていると思いますが、なぜ睡眠が重要なのかを説明できますか?


体を休める、脳を休める、体力を回復する、といったことなどが出てくると思いますが、本当にそうなの?と聞かれると、ちょっとドキッとするのではないかと思います。


私も深く考えたことがありませんでしたが、今回色々調べてみて、とても興味深かったので、まとめたものをご紹介させていただきます。




実はよくわかっていない睡眠の重要性

いきなり結論から書きますが「なぜ人は眠るのか?」ということは専門家の間でもはっきりとわかっていないそうです。


肩透かしのような結論で申し訳ないですが、睡眠はまだまだわからないことが多く、ブラックボックスとのことでした。


しかし、調べている中ではっきりとはわからないながらも、睡眠が生物にとっていかに重要なのかを物語っている文章を見つけましたのでご紹介します。


こちらは筑波大学で睡眠について研究をされている柳沢教授の言葉です。


睡眠は、健康な状態のままで意識を失い活動を停止する可逆的なプロセスです。これに相当する行動は、哺乳類や鳥類だけでなく、魚類や爬虫類、昆虫にもあります。眠っている間、その生物は完全に非生産的で、食料を調達することはおろか、身を守ることさえできなくなります。非常にリスキーな状態ですから、進化論的にはそのような行為はないほうが有利なように思われます。なのに、睡眠をとらない種は存在しません。大きなリスクにもまして、1日のうちの数時間、意識を失うに値する利点があるはずです。


いかがでしょうか?。

人間は安全な場所で眠ることができるので、睡眠をとることにそこまでリスクを感じないかもしれませんが、弱肉強食の自然界で生きている生き物にとって、行動が制限されるということはまさに死活問題です。

そんな中でも必ず行う行為、というだけで睡眠がいかに生き物にとって重要かということがご理解いただけるのではないかと思います。


もちろん、睡眠が大事であり重要なことは、多くの人が体験的にもわかっていることだと思います。

しかし、科学的な根拠として証明されていないというのが実情のようです。


前述した柳沢教授はノーベル賞の有力候補者と言われています。そんな柳沢教授をもってしても「ブラックボックス」と言わしめる睡眠ですが、現状では以下のような価値があるのではないかと考えられています。



睡眠が必要な理由


①体の回復

睡眠中には成長ホルモンが多く分泌されると言われています。

成長ホルモンは筋肉、骨、内臓、皮膚などのダメージを修復し、疲労回復に導く重要なホルモンです。

「寝る子は育つ」というのはこういったところからきているのかもしれませんね。


②免疫力アップ

人の体内には免疫物質と呼ばれる「IgA」が存在し、このIgAには細菌やウイルスの侵入を防ぐといった働きがあります。

実際、このIgA が低下すると感染症などの病気にかかりやすくなることが判っています。

そして、睡眠時間が5時間以下だとこのIgAの低下が見られるという研究データがあります。


③記憶の整理・定着

脳は日中に学習した情報を、睡眠中に再活性化し、記憶の整理(定着・消去)を行っていると言われています。

レム睡眠(比較的浅い眠り)中に記憶の定着と、記憶の忘却を行い、ノンレム睡眠(比較的深い眠り)中に記憶の固定化をすると言われています。



睡眠をとった結果として上記のような価値を得られますが、根本的になぜ生物が眠るのか、ということはわかっていません。


ただ、先ほどの引用文にもあるように、睡眠は確実に生物になんらかの「利点」があるから進化を続けても残っている現象なので、しっかり睡眠をとっていきたいものですね。


将来的にその「利点」が何なのかがわかるのがとても楽しみです。


もしも睡眠でお悩みの場合、当店のドライヘッドスパを受けてみてはいかがでしょうか。

睡眠でお悩みの方に、極上の眠りをお届けしたいと考えております。


ご予約はこちらから



<参考資料>

ヒトや動物はなぜ眠るのか


適切な睡眠時間と免疫


Vol.52 睡眠の役割は、「心身のメンテナンス」睡眠中になされる体内のさまざまな調節とは


眠りのしくみ


閲覧数:43回0件のコメント

Commentaires


bottom of page