top of page
検索

眼精疲労改善!休憩中にできるストレッチ

更新日:2023年7月2日


こんにちは、Sleep360スタッフです。


今回は眼精疲労について紹介させていただきます。


みなさん、1日に何時間スマホやPCを見てますか?





NHKのメディア利用の生活時間調査では平均で1時間以上はスマホを見てる人が多いようです。

また、仕事でPCを使う方はもちろんそれ以上の時間画面を見てることになります。


私も普段からスマホやPCを使ったりするので、夜になると目が疲れたりします。



そもそも眼精疲労とは何か。


眼精疲労とは、眼を使う仕事を続けることにより、

・眼痛

・眼のかすみ

・まぶしさ

・充血

という症状が起こります。


そこから、

・頭痛

・肩こり

・吐き気

という症状になり、休息をとっても十分に回復できない状態のことを言います。


原因としては、

①合わない眼鏡を使ってる

②スマホやPCの使いすぎ

③睡眠不足

などが挙げられます。





①については、合う眼鏡に変えればいいと思いますが、問題は②と③です。


最近ではスマホを持ってない人を探す方が難しいほど、みんなスマホを持っています。


また、在宅での時間が多くなってる今、スマホやPCを見る時間も増えてるのではないでしょうか。


更に、③の睡眠不足が追い打ちをかけています。


オープンのごあいさつ」でもお伝えしましたが、日本人は平均睡眠時間がとても短いです。


そこで、どうしたら改善できるのか。


改善策としては以下のようなものが挙げられます。

・まばたきを意識する

・遠くを見る

・蒸しタオルやホットアイマスクを使う

・眼のストレッチをする

・眼に良い食事を心がける


調べると結構たくさんありました。


普段からこの対策を意識するだけでも全然違いそうですね。



上記の改善対策の中から、今回は仕事の合間や自宅でできる簡単ストレッチをご紹介します。





主に首から上をストレッチしていきます。


下記のように簡単にまとめてみました。


◆首のストレッチ

・右手を頭の上から左のこめかみ部分を押さえて右に傾ける(反対側も)


これは首の筋が伸びる感覚で、眼をつぶりながら行うととても気持ちいいです。



◆眼球ストレッチ

・眉毛の下にあるくぼみを、親指で外側へ10回ほど押す。

・鼻の付け根を、親指と人差し指でつまむように上へ4回ほど押す。

・こめかみを人差し指でやさしく10回ほど押し回す。

・下まぶたから指1本分下を人差し指でやさしく10回ほど押し回す。


眼球のストレッチをすることにより、眼が少し熱くなり、鼻に空気が通り、頭がスッキリする感覚でとても気持ちいいです。



このストレッチを全部やったとしてもたった5分でできるので、隙間時間にとても効果的だと思います。


睡眠もしっかりとりながら、ストレッチをして眼精疲労を改善しましょう。


ぜひ試してみてください。



<参考資料>

公益財団法人 日本眼科学会


ストレッチに関する参考資料



閲覧数:49回0件のコメント

Comments


bottom of page